about cat's profile i cat blythe blog link mail
Img_f8c7640eef33a4e04d432c60db49222b
ア太朗 「オレはつかれたぜ・・・・・・・. ZZzz」

あ、いや、私らも疲れたから・・・(^_^;)
Img_c759af177385a333a86c3ae2e2240230
今日の午前中、
ア太さん、久しぶりに派手なケンカして
あちこちにケガしてしまいました_| ̄|○

お昼までの受診にぎりぎりだったので
「ちょっと遅れるかもですが大丈夫ですかっっっ!?」
と病院に電話していつも診てくれてる先生がいるかどうかも確認して、
速攻病院へGOーー!!!

↑ちょっと見えづらいかもだけど、
背中にひっかき傷。
(私の手があれてるのはスルーしてくださいね♪)

この傷は深くなさそうなので大丈夫そう。

後は、両腕に噛み付かれたような傷><

背中にもちらほら傷;;

深そうな傷は洗浄してもらい抗生剤の注射と
後は明日からの抗生剤のお薬2種類。

金曜日にまた連れて行く事になりました。

傷もさることながら、今日のア太さんはなんと
全身汚水まみれだったのですよーガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

牛部屋の掃除中に外からケンカの声!!
急いで行くと大きめの白黒ネコさんとケンカ中><;;

ふと見るとずぶぬれのア太が Σ(゚д゚lll)

最初ケンカしてたところを誰かに水かけられたと思ったら
ぶるぶるっ!とした水が黒い!!!;;;

どうやらどこかドブ?に落ちこんでしまったようでっ><;;;

まずは汚れを拭くのが大変大変!!!

以前お話したア太をかわいがってくださってるAさんの奥さんにも
大変大変お世話になってしまいました;;;
(長くなりそうなので詳しくはまた今度の記事で^^;;)

というわけで今日は特にあわただしい1日になってしまい
コメントのお返事ができないので
またしばしお待ちくだされっ!!!^0^;;

はぁぁ〜づがれだぁぁ〜 _| ̄|○

でもね、

何とか午前中受診にまにあった!
Aさんがとてもネコ好きさんでよかった!
Aさんにとても良くしてもらえてありがたかった!
いつも診てくれてる先生が今日いる日だった!
でかける用事がない日でよかった!

ありがたや、ありがたや〜(人-)謝謝(-人) 謝謝.
Img_791732d11c495d816a1a28094d543105
ア太朗 「むふふん。。。」

お風呂入ってないけど、
すっかりふわふわのキレイな毛に戻ったア太です。
ネコの毛ってすごいなぁ。。。

さっき傷の経過を診てもらいに
また病院に連れて行ってきましたー。

とりあえず液体がたまってる事もなく、
経過は良好とのことε=(・o・*)

あと、1週間お薬続けてまた連れて行く事になりました。

ドブの汚水まみれのまま、
うちの庭の人は通れない竹の隙間からAさん家の方に行ってしまい、
あわててタオル持って玄関の方からまわって追いかけて行くと、
Aさん家の庭に、奥さんの姿が見えました。

母はAさんと何度か顔を会わせたことがあるんだけど、
私と奥さんはお互い暗闇でしか顔を会わせたことがないので
「誰??」
ときょとんとしてるAさんに、
「○○ですー!!」とまず挨拶すると、
あぁ〜!みたいになって、
タオルとア太をかかえて
「どうしようかと思って、今呼びに行こうかと思ってたんやー」
あわわわ、すみませんーーーっ。゚・(ノД`)人(´Д`)人(Д` )・゚。

汚水まみれのア太を抱っこしてくれたAさん。

私が急いで携帯しに行ってた間も、
「ほら、あんよ拭いてもらおう〜!」
って言いながら、抱っこしてくださってたそうです(母談)

服も汚れただろうし、
タオルも何枚かいったし、、

ア太の事、ネコの事、
大好きじゃないと、できない事ですよね (/ヘ ̄、)

Aさんご夫婦は、
うちがア太朗に首輪付けるまで、
違う名前呼んでご飯あげてくださってたし、
ア太朗はうちの子だけど、
Aさんご夫婦も、
ア太のことは気持ちの中ではうちの子という想いが
いくらかあるのだと思います。

ほんとにありがたい気持ちでいっぱいです、、、(ノ◇≦。)


暖かくなってくると、
よそのネコさんと遭遇する機会が増えるので
大変です(´_`。)

ア太のこともさることながら、
相手の子のこともいつも気になります、、、

どっちもケガしたらいけないから、
来ないでおくれよぉぉ〜。 ・゚・(つД`)・゚・
Img_e16edee1c6e4271883178b9b9d5578ac
近所に桜の木があるのかな?

ア太朗の小屋の所に、
風で花びらが飛んで来たので、
置いてみた(* ̄▽ ̄*)
Img_3d8208c2f9ea3a745128a47de2541908
ちょっと寒くなると、

メクソシストになるなっちゃんデス。
Img_9c30eda950c81ee2aaeb1bea1b1428a9
秋太朗「スイヘイリーベボクノニボシ・・・」

キッチンに立つとこの顔で待ってます^^;


先日の地震、皆様の所は大丈夫でしたか?

私の所も、久しぶりに大きめに揺れて、
びびりました;;

メールを送ってくださったブロ友さん、
ありがとうm(_ _)m

なかなか記事にできなくて遅くなってしまったのですが、
先々月、アニマルコミュニケーションをお願いしました。

アニマルコミュニケーション???

動物とお話ができる方を
アニマルコミュニケーターと言って、
志村どうぶつ園でのハイジさんのような方ですね^^
そのアニマルコミュニケーターさんを通じて、
動物さんと色々お話させてもらうんです。

で、「お話をする」といった表現がはたして正しいのかどうか??

きっと伝わってきた想い、感覚、空気、色etcを
人間の言葉に変換して伝えてくれる
通訳さんのような感じかな?とも思ったりしています。
(違ってたらごめんなさい^^;)

実は去年だったか!?
ミクシィのコミュで、
アニマルコミュニケーターの練習として申し込んで
何人かの方にセッションしてもらった事はあるのですが、
練習ではなくてお願いしたのは今回がはじめて。

今回は、きのこ♪さん (Click!) にお願いしました。
Img_fba6954a4c5403ac911465e426c4021a
今回お願いしたのは、ア太朗です^^"

ではでは長くなりますが、
きのこ♪さんとア太朗とのセッションです。
(きのこ♪さんからのメールより)


☆写真からのイメージ

写真のア太朗さんを見ていると、にゅうっと手が伸びてきて頭をポカリと叩かれたように感じました
叩かれたと言っても本気ではなくて、「お前もオレに会いたかったのか?」という親愛の情のこもったポカリでした(^^)

ア太朗さんはなんというか、その地域の守り神のような、お地蔵さんのように親しみやすい神様、という雰囲気でした

本人も、そんなふうに思われているのをわかっていて、地域の人みんなに平等に愛を届けている
そんな印象でした


急に【ほんとのア太朗さんを知りたい】という質問が頭に浮かびました
普段まやさんたちに見せているのとは違った、また別の思いがア太朗さんの心の中にはあり
それを誰かに知ってほしい、聞いてほしい、という気持ちが私に伝わってこの質問が浮かんだのだと思います
これから後のセッションで、ア太朗さんのほんとの気持ちが聞こえてくるのかもしれないですね

☆心の中のスペースで名前を呼ぶと、王様のような優雅な雰囲気でゆったりとア太朗さんは現れました
と思うと、まるでかくれんぼでもしているように急いで身を縮めて、スタスタっと小走りで木の陰に隠れました
そこから顔だけを出してこちらを伺っています
わざと気づかない振りでじっとしていると、痺れをきらしたようにア太朗さんの方からこちらに近づいてきました
そして「ねえねえ」というように手を伸ばして私の背中をつつくア太朗さん
私が振り返って「いらっしゃい」と言うと、「えへへ」と笑って握手をしてくれました
そのあとドテッという感じで横になると、「さぁ、なんでも聞いてくれ」と言ってニヤリと笑いました


①今のこの生活スタイルで満足してる?

遠くを見るような表情になり、考えている様子のア太朗さんの姿が見えます
「うんうん」と小さくうなづくと、「そうだな。悪くないよ。オレはこの暮らしが気に入ってる」と言いました

でも、何か心の中には別の思いがあるように感じます

【何を考えてるの?】

パソコンの画面を慌てて閉じるように、パタンと一瞬真っ暗になりました
ア太朗さんが胸に秘めている思いはまだ自分だけのもので、まわりの人に話す段階ではない、というような感じでした
なのでこの件についてはこれ以上聞くのはやめてまた違う質問をしてみました

【どんなふうに過ごしてる?楽しいことやイヤだなと思うことはある?】

「オレはこの町で生まれたんだ。
かあちゃんはどっかにいっちゃって、オレはひとりぼっちだった。
寂しかったし、怖かったし、お腹もすいた。
だけどね、この町の人がオレを助けてくれたんだ。
飲み物をくれて、ご飯を食べさせてくれた。

軒下にいても追い出されることはなかったし、オレを見ると『おい、元気か?』って声を掛けてくれた
この町の人のおかげでオレは生きてこれたんだ。感謝してるよ。

だからオレ、みんなの役に立ちたいと思ってる。
みんながオレを見て『アイツが元気なら自分もまだ大丈夫だ。頑張れる』って思えるように
町の人を元気づけられる存在になりたいんだ。

ネコのくせに生意気だって言う人もいるかもしれないな。
動物が嫌いな人がいるのも知ってるよ。
でもオレはそれでもいいんだ。

オレを必要としてくれてる人がいたら、オレはその人の所に行って撫でてもらうんだ。
そしたらオレの元気を分けてあげられる。
オレを見て元気になってくれるのが嬉しいんだ。

帰るところもちゃんとあるし、ご飯も毎日食べられる。
オレはこれでいいと思ってるよ。」

②うちとAさんのおうち以外でご飯たくさん食べてる?

この質問をすると「なんだよ。バレてるのか?」と、いたずらを見つかった男の子のような表情で少しバツが悪そうな様子でした

【太ってると病気になりやすいらしくて、 もし病気になったらア太朗がツライ想いをするのが悲しいな。
 ずっと健康でおいしくご飯食べてほしいし、だからもう少し痩せないといけないの。
 ア太朗は優しいからきっと色んな所でご飯食べてるんだろうなって思うけど、できたら、うちとAさんからのご飯だけ食べてくれると嬉しいな。】
 
「まやはオレをうちに閉じ込めておきたいのか?どうなんだ?
オレが他のうちでご飯を食べるのはイヤなのか?」とア太朗さんは言いました

まやさんが自分を心配してくれているのはわかっているし、まやさんからの愛情も届いてはいるのですが、「それとこれとは話が別だよ」という思いがあるようです
町の人に愛を届ける、というのがア太朗さんの使命というかライフワークになっているようなので、
『うちとAさん宅だけでご飯を』というのは、今のア太朗さんには受け入れにくいことなのかもしれないですね

「オレを信じてくれ。オレはずっとこうやって生きてきたんだ。オレの生き方はオレが自分で決めたいんだ。
それがまやを悲しませることになっても、それでもオレはオレだから。
オレは後悔しないように生きたい。そう思ってる。

まやはどうだ?
誰かのために、自分のしたいことをガマンしてないか?
心の中で思ってることをちゃんとやれてるか?

まやもオレを見ててくれ。
オレがどんなふうに生きてるか、最後まで見届けてくれ。

オレが困ったときはまやに頼っていいか?
助けてほしいときはまやを呼ぶよ。
その時は頼むな!」

③ア太朗はうち(この辺り)に来る前どんな生活してたの?

ひとつめの質問でのア太朗さんのお話だと、まやさんのいる町で生まれたのは確かなようです
ネコを嫌いな人がいるということも言っていたので、たぶん町の中を転々としながら居場所を探していたのではないでしょうか

背中を丸めて雨の中をとぼとぼ歩いている、小さい頃のア太朗さんが見えます
寒くて震えています。
家の明かりが見えてそちらに近づいて行くけれど、扉は閉ざされていて中には入れません
道端をふらふらと歩いていると、しっしっと追い払われることもあったようです

そんなふうにしているうちに今の場所にたどりついた
近所の目を気にしながらも、そっと餌を外に出してくれるおうちもあったりして、段々と地域になじんでいったようです

どこかの飼い猫だったという感じはなさそうだし、呼び名も本人は特に意識はしてこなかったようです
地域の人に育てられた地域ネコ、ずっと外で暮らしていた、という印象でした

④毎日言ってるけど、車には絶対気をつけてね。田んぼがある方の道路は車が通るからそっちには行かないでくれたら嬉しいな。
 ア太朗のことがとてもとても大好きだよ。ア太朗が元気でいてくれるのが嬉しいよ。ずっとずっとここに居てね。」

これを伝えると、ア太朗さんは嬉しそうに照れ臭そうに顔をくしゅくしゅにして笑っていました

「そりゃあそうだよ。オレはずっとここにいるよ。
他に行くところはないし、どこかに行くつもりもない。
ここでみんなを見守るのがオレの役目だ。
オレはそれが楽しいんだよ。」

「車かぁ・・・あれにぶつかって死んじゃうヤツもいるな。
オレは車は苦手だ。だからなるべく近づかないようにしてる。大丈夫だ。気をつけるよ」

駐車している白い車の上に乗ってひなたぼっこしているア太朗さんが見えました
動いてる車は避けてるようですが、近づいても大丈夫な車かどうかは自分なりに判断ができてるようです

【そういえば、ほんとのア太朗さんを知りたいっていう質問は?】

「いや、それはまだいい。オレはまだまだ動けるから。
今はこの暮らしが気に入ってるんだ。その時が来たら言うよ。

まやのとこに行けばいいんだな?
その時はまやが話を聞いてくれるのか?」

今回のセッションで、最終的に頼れる場所(まやさん)があることを再確認できたことに、ア太朗さんはほっとしているように感じました

「じゃあオレ、行くよ」と言うと、ア太朗さんはこちらに背中を向けてゆっくりとスペースから帰って行きました

セッションで感じたア太朗さんは、ピシっと筋の通った『男』だなという印象でした

ご飯の件は、ア太朗さんの意志に任せるしかなさそうですね
ムリにうちの中に閉じ込めてしまうこともできないだろうし、そうしてしまうとア太朗さんの生き方にも反してしまうので
今はア太朗さんを信じて見守ることが一番の愛情なのだと思います

それと、セッション中にすごくノドが乾いて何度もお茶を飲みました
ア太朗さんはご飯はいろんなところでもらえてるようですが、水分が足りてないのではないでしょうか
ちゃんとお水を飲めているか、気をつけてみてあげたほうがいいかもしれないですね

以上が今回のア太朗さんとのコミュニケーションでした
どうもありがとうございました

きのこ♪


以上です^^"

なんだか不思議ですか??

え〜??そんなの、ほんと〜???あやし〜い(;¬_¬ ) ...

そりゃぁ色んな考えの人がいると思います。

こんなのもあるよ〜って感じでお願いします^^"

長くなったので今日はひとまず
きのこ♪さんとア太朗のセッション部分を紹介しました。

つづきはまた今度〜デス((ノ(_ _ ノ)