about cat's profile i cat blythe blog link mail
Img_10d0969465683c37118333a51e1c8597
春禧・・・うららかな春の季節が安泰であることを祝う

だそうです。by母購入のサライより。

昨年は大変お世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

↑ちなみに今年の年賀状はこれとは違うデザインです。
昨日投函したもので、まだ皆さんのところには届いてないと思われますので
別のにしてみました^0^;
後光が射してるようなア太さん。
こちらもなかなかおめでたそうでしょ(≧ ∇≦)/
Img_181b974836a0902e3580efdff66c003d
Img_f81b05554e83afe587dd9ce1ce6ea2c7
Img_c14f86b1bc15e8cceb1ab9f50b26e2fc
Img_21f560e56c681ad12f8c46ec5ce96ed0
Img_50199a3ae0ace81c5f1166e57936ec6c
Img_820687f9f43a993fd11a65d0297bcf2a
Img_7d2e955884ab7425188e6f8ce78b0ea3
クリスマス&忘年会パーティ♫

にゃんずはケーキより箱に興味があるのかと思いきや、
ケーキにしのびよる柿次朗。
最後の画像、柿がケーキくんくんしだしたので
「かわいい〜♡」とカメラかまえてたら、
この直後、柿が右手で思いっきりケーキの側面をざり〜っ!!w(*゚o゚*)w
あわてたので、ブレブレ (*□*)

家族以外にはびびりんぼうのだい子もちらっと出てきました*^^*
アルファルファはご飯だけ食べて後はタンスの上に避難してました(^△^;
なっちゃんも前半出て来てたけど後半はアルファルファとタンスの上。
秋太朗が案外出て来てたのがびっくり!

皆さんの所に年始の挨拶が遅れてごめんなさい!
コメントのお返事も遅れてますm(_ _)m
ちょっと時間が足らないので
またゆっくりおうかがい&お返事させていただきますね〜(^-^)ノ
Img_a1c9ab35048d494a925b86e81ff2f9bd
ア太朗「ぼく、ダイエットしないといけないんだ、、、」

2011年の8月に、どこからかふらっとやってきたア太朗。
初めて病院に連れて行った時の体重は4.5kgでした。

数字だけ見ると全然大丈夫じゃん!って思うかもだけど、
見るからにガリガリで頭ばっかり大きなその姿は
とても普通じゃありませんでした。
体重がけっこうあったのは骨太だからなのか、
体もしまってるし元々大柄の子だったのかも。

そんなア太さん、
みるみる「愛情」という名のお肉がいっぱいついて、
体重は右肩上がり;;
1番最近量った時は、7.85kg!Σ( ̄Д ̄;)

先生からも毎回、肥満による病気の事を説明され、
頭を抱え;
体重を量るたんびに診察室の中は困った笑いf^_^;

うちではそんなにたくさん食べないし、
残す時もあるし。
牛ファミリーよりかなり少ない量じゃないのかな(^△^;
それでもなぜか増え続ける体重;;;

なので、去年の冬、
ちょっと早いクリスマスプレゼントってことで、
ア太にコレ↓をプレゼントしました!
Img_9468eb345bf26aa498aad9e284db8427
「ダイエット中 協力してニャ!」

がんばるぞーエイ(`・□・´*)ノ"オー!
Img_310a5ff73b7192468122d29d391a7180
だい子、手術から2ヶ月以上経ちました。

ぐっすり寝て、
もぐもぐ食べて、
ドタバタ走ってます=*^-^*=
Img_b3a5e49b49ae4b0d6c2e761151defbe7
→→2つ前の記事でお話したように、
ア太のダイエット対策ってことで、
プレゼントした「ダイエット中」首輪。

付けてからしばらくは何となくうちで食べるご飯の量が安定してきてたような?!
以前はほとんど食べずに残したりする時もあったけど、
ここのところ完食か少し残すかで。

これは首輪作戦成功かも?!\(*^▽^*)/

〜と思っていたら、
ここ2,3日、またもやうちでのご飯の食が若干細くなってきてるような;;;

ア太にこの首輪を付けたわけは、もちろんダイエットが第一なのだけど、
うちであんまり食べなかった時に
他で食べたからお腹いっぱい
なのか
ちょっと調子悪くて食欲ない
なのか
このご飯苦手
なのか
別に深い意味はない
なのかがわかりづらいからという健康診断もあってーの事でした。

ア太の小屋があるうちのお庭の塀の向こう側に4軒おうちがあるのですが、
そこの人たち(特にその中の1軒のご夫婦)が
ア太のことをとてもかわいがってくれてるようなんです。
ア太もそのご夫婦が大好きなようです^^

塀の向こうは町が違うこともあり、
普段交流がありませんでした。
なのですが、その、特にア太を大事にしてくださってるご夫婦が、
去年の6月におうちを改築するというので、
その挨拶に来てくださり、
玄関で母だけがお話したのですが、
ア太の話もして、(というかほとんどア太の話だったような^^)
色々知ることができたのです。

話をした時点での事なのか、
その時はもう違うのかがちょっと分かりづらかったのだけど、
当初(2011年の8月)ガリガリのア太を見て、
その4軒のおうちの方全員がア太にご飯をあげていたようなのです!
+うちからもってことでたくさんのとこでもらってたんですねー^^;

どうりで、どんどんどんっ!!!
と、すぐイカめしになったわけです^0^;;

最初そのご夫婦はア太に名前を付けていたそうです。
(なんて名前なのかを覚えられず;;また機会があれば聞いてみよう^^;)

で、いくらか経った頃、
うちが「ア太朗」って印字した首輪を付けたので、
それからは皆「ア太朗」って呼んでくれるようになったようです。

そのご夫婦はア太にご飯をあげだした頃、
別のにゃんことわんこと一緒に暮らしていたそうで、
それからまもなく?どちらも亡くなったそうです、、

うちがア太の世話をしてる事を知り、
良かったね〜と皆で話していたそうです。

その4軒の他のおうちではわんこもいたり、
ア太が来た後、にゃんこを迎え入れたおうちも。
皆さんにゃんこやわんこが好きな方ばかりのようです^^

ちなみにそのにゃんことは、
(黒猫さん。ここ数ヶ月は寒いからか?見ないけど、もう大きくなってるかな?)
ア太ともそこそこ仲良しさんのようで、
他の子が庭に来たら、唸って追い出すア太も、
そのにゃんこには全く怒らず、
ア太のウッドデッキに来ても、全然気にしてないようでした^^

1度うちの車庫に一緒にいた事もあったり。
ア太にとっては年下のやんちゃな弟って感じなのかも?!

話はもどって、
そのご夫婦が挨拶に来てくださった時、
ア太も一緒に途中まで挨拶にまわっていたそうです( *´艸`)

ア太があるとこにはさまっておしりが見えてた話や(* ̄ω ̄)v;
ア太のキャラがいいとか、癒されてるとか、
色々お話してくださいました。

そんな感じで、
その4軒のおうちの方たちからは、
ア太はとてもかわいがられてるようなのです*^^*


ア太の首輪物語その2へつづく




Img_4d1398d22391d13c9c768302660560ad
前の記事『ア太の首輪物語その1』のつづきです。

我が家の西側は地面が土で駐車場にもなってるんですが、
そのまた西側は南北に渡る狭い道路があります。
道路の向こうは田んぼ、
その田んぼの向こう側にあるおうちに続く細い道が田んぼの脇にあります。
その田んぼの脇の道の南側には木が生い茂る林?があります。

ア太はそっちの方には行かないと言っていいほど
行ってる所は見た事がないのだけど、
確か1度だけその南北に渡る道を歩いてたのを目撃した事があります。

ってこの説明でわかるかなー?;
わからなかったらごめんなさい^^;

前の記事でお話した、
ア太を大事にしてくださってるご夫婦が挨拶に来てくれてから数日経った頃の午後、
ちょうど2階のベランダにいた時に
たまたまその道を見た事ないきなこ色の猫が北から走ってるのが見えて、
「ん?」
と思って見続けてたら、
その後からア太がのっしのっしとその子を追いかけてる!
「ア太!」
と呼ぶとちらっとこっちを見た後、
またのっしのっし(^△^;

喧嘩になってはいけないというのと、
いくら車通りの少ない道とはいえ、
できればあっちには行ってほしくないので
急いでその場に行ったところ、
知らない猫さんは林の方に逃げて行き、
それをまだ、のっしのっしと追いかけて行くア太を何とか引き止め、
抱っこして連れて帰ろうとしたんだけど、
「にゃー!」と鳴いて帰るのを嫌がるので(きなこの子が気になるようで)
その林の横の細い道でア太をなでながらしばらく一緒にいました。

ア太も段々落ち着いてきてゴロゴロ。
おそらく田んぼの向こうのおうちだろうわんこの散歩の人と挨拶したりしながら
しばらくまったりとしてました。
そしたら
「あ!ア太朗ちゃん!」
と自転車に乗った男の子がア太を見て自転車から下りてこっちにやって来ました。

男の子がすぐ横にしゃがんでア太の頭をナデナデ。
私はどこのおうちの子だろう?と思い
「どこのおうちの子?」
って聞くと、私の聞き方が悪かったようで、
その男の子は自分の事じゃなくア太の事を聞かれたと思い
「あの向こうの端のおうちの子!」
(向こうの端のおうちとは私の事ではなく、その挨拶に来てくださったご夫婦のおうちの事)
いや、ア太の事じゃなくて^^;と思いながらもまいっかとそのまま話していると
「○○さん(そのご夫婦)の所によくいるんやけど○○さん3ヶ月したら帰って来る(改築してるので)」
と。

なるほど、この男の子はどこのおうちの子かわからないけど
たぶんこの4軒のおうちのどこかの子かそのお友達??
うちの事は知らないので(私の事も知らないしうちがア太の世話をしてるのは知らない)
ア太はそのご夫婦のとこの子という認識で、
その子からしたら私は知らない人なので、
ア太の事を色々と説明(紹介?^^)してくれました。

「この子、初め、ガリガリやった」
「犬の餌食べてた」←誰かがあげてたのか勝手に食べてたかは不明^^;
などなど。色々お話してくれました。

「今はこんなに大きくなってーダイエットせんといかんのよー」
などと話すと
「塀に登れるけん大丈夫や。」

∑(・ω・ノ)ノ;

いやいや、そういう問題じゃなくてー;;

今ア太はうちでお世話をしてるって話したけどちゃんと伝わったかどうかは謎;
いや、たぶん伝わってるかな^^;??

そんな感じでしばらく話した後、

「(ア太は)この辺のアイドルや!男やけど。。さよなら^0^」

と言って自転車に乗って行ってしまいました。

ア太さん、アイドルやったのねー( ̄▽ ̄)V
Img_ab2c18921b39b0f7de370b7b6ddb6af1
Img_95e93cffcafc832046b83d7467f43a41
ア太がうちの庭からでかける時。
塀の向こうがそのア太を大事にしてくださってる4軒のおうちです。

大抵この塀を登って行くか、
うちの庭を東に歩いて行くかが多いかな。

写真は左が数日前で右が今日。
同じ写真みたいだけど違うのよー( ̄∀ ̄*)
ア太、右手が利き手なのかー。

そういえば、トンネルの入り口の毛布も
右手でめくってるね( ̄▽ ̄)


ア太の首輪物語その3へつづく
Img_d50c254b6e8a28f92d4413622bdc228a
今日も『ア太の首輪物語その2』のつづきです。

前回の記事でお話したように、
近所の子供達からも大事にされてるア太朗。

以前お庭にいたらア太が隣の駐車場に面した塀から
ぴょん!とこっちにやって来た事がありました。
「ア太朗〜!」
と呼ぶと走ってきたので、よしよししてたら、
塀の向こうに男の子が2人。

「ア太朗ちゃん?!」
なのか
「ア太朗ちゃん!」
なのかちょっとニュアンスが聞き取れなかったのだけどそう言われて
「ア太朗ちゃん(うん、とうなづくニュアンスで)」
と何となく答えた私^^;

その時の男の子の1人があの男の子だったかどうかは
顔を覚えてないのでわからず。。
(というか視力が悪くて距離的に顔の中身がはっきり見えない;;)

ア太がまだ首輪してなかった頃、
男の子がア太を抱っこして塀を登ってるとこを見た事もあります。

最近はあんまり見かけないけど(寒いからかな^^;)
ア太、子供達ともちょこちょこ遊んでもらえてるのかな?

ア太の事を大事にしてくださってるご夫婦も、
旦那様が時々ゴルフの素振りをしてる時、
何下に近くにア太がいるのを見た事も何度もあります。
1度出かける前にちょうどその場面に遭遇した事もあって、
旦那様とちょっとお話したことも。

とてもにこにこと笑顔のステキな旦那様で、
ア太ととても仲良しさんのようでほほえましい光景なのです^^
Img_7a3e2e48a0bc496704230ed2ecf8e26f
→の記事でちらっとお話したご近所さんのとこのネコちゃん(=^. .^=)
(勝手に載せちゃってるのでちっさい画像で、、だいじょぶかな^^;;;)

ア太の近くに行きたかったみたいだったけど
ア太は寝たかったみたいで軽くネコパンチしてました(^^;)

ちなみにこの後、このネコちゃん、
ア太の小屋の中でちょっとお昼寝してったんですよー( *´艸`)


ア太の首輪物語その4へつづく